コンブチャクレンズの成分「トルラ酵母菌とパン酵母菌」の効能に注目!

飲むだけでダイエットが期待できる商品がコンブチャクレンズです。コンブチャそのものは70年代に日本で健康商品としてブームになった歴史があり、その後海外に渡り、特に米国においては定番の健康美容ドリングとして高い人気を集めています。

コンブチャクレンズはU.Sコンブチャにオリジナルレシピを加え、日本人向けに作られています。品質に加え国内生産品であるために安心して飲用することができ、商品は、株式会社ユニヴァ・フュージョンが運営するホームページからに購入をすることが可能です。

 

トルラ酵母菌とパン酵母菌の大きな特徴は?

コンブチャクレンズには独自の処方が用いられており、非常に多くの成分が含まれています。例えば燃焼系・排出系の主要成分には酵母菌をはじめとして7つがあり、他にも、健康的なダイエットをサポートする様々なスーパーフードがあります。中でもプレミアム酵母菌と命名されたトルラ酵母菌とパン酵母菌は強力に燃焼をサポートする効果を持ち、コンブチャクレンズの大きな特徴になっています。

まず、トルラ酵母菌には太りにくい体づくりをサポートする働きがあり、ここではグルタチオンと呼ばれれる成分の存在が関係します。グルタチオンは従来から美白や美肌作用に効果があることが知られており、抗酸化作用の他にシワや血行不良といった症状にも効果があります。太る原因の1つになるのが活性酸素の滞留です。この成分は中性脂肪が溜まったり悪玉コレステロール値が高くなることで作り出される過酸化脂質によって発生し、グルタチオンは活性酸素を除去する働きを持ちます。

パン酵母菌はトルラ酵母菌と合わさることで効果を発揮します。主な働きには腸内環境正常化と免疫力の向上があり、特に腸内環境正常化はダイエットに大きく関係する内容です。パン酵母菌には食物繊維が豊富に含まれており、腸内の掃除をすることで便通効果が期待できます。また、善玉菌を増やす働きがあることも腸内環境を整えるのに役立っています。

2つの酵母菌は普通に摂取が難しいという共通点があり、その点、コンブチャクレンズでは手軽に取り込むことができます。

参照:http://コンブチャクレンズ・口コミ.com/seibun.html

妊娠高血圧症候群の診断基準?

高血圧は妊娠中毒症の3つの症状のうちのひとつに挙げられていましたが、現在では産婦人科学会により名称が「妊娠高血圧症候群」と改められ妊娠中毒症という言葉は使われなくなりました。

高血圧は妊娠28週くらいから症状が出始めることが多く、最高血圧とともに、最低血圧が上がることも多いのが特徴です。

分娩後12週までの高血圧も、この症状と診断されます。

以前妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)にかかったことのある経産婦の方は、妊娠中期から高血圧になってしまう人も少なくないようですので、注意が必要です。

妊娠高血圧症候群の診断基準としては、

 

・収縮期(最高)血圧が140mm/Hg以上ある時。または、妊娠していない時より30mm/Hg以上の上昇がある時。

・拡張期(最低)血圧が90mm/Hg以上ある時。または妊娠していない時より15mm/Hg以上の上昇がある時。

 

となっています。

また、次の場合は重症の妊娠高血圧症候群と診断されます。

 

・収縮期(最高)血圧が190mm/hg以上ある時。または拡張期(最低)血圧が110mm/Hg以上のある時。

 

妊娠中は、家庭用血圧測定機などを使用して頻繁に血圧チェックを行うようにすることが推奨されています。